高効率の切断ラインを選ぶ理由

fdsg

ドイツのダムシュタット大学の Instititut für Druckmaschinen und Druckverfahren (IDD) の研究によると、手動切断ラインでは切断プロセス全体を完了するのに 2 人が必要であり、時間の約 80% がパレットからリフターに用紙を搬送します。その後、手作業でバッチ処理するため、用紙がギザギザの状態になるため、追加の用紙ジョギング プロセスが必要になります。このプロセスでは、用紙を分類するために一定の時間が必要です。さらに、用紙のジョギング時間は、用紙の状態、用紙の重量、用紙の種類などのさまざまな要因の影響を受けます。さらに、オペレーターの体力はかなりテストされます。1 日 8 時間労働によると、時間の 80% はハンドリング作業に費やされ、1 日のうち 6 時間は重労働です。紙のフォーマットが大きい場合、労働強度はさらに高くなります。

CD

時速12,000枚のオフセット印刷機の速度で計算すると(国内の印刷工場のオフセット印刷機は基本的に7X24で動作します)、手動切断ラインの作業速度は約10000〜15000枚/時間です.つまり、オフセット印刷機の印刷速度についていくためには、比較的熟練した 2 人のオペレーターがノンストップで作業する必要があります。したがって、国内の印刷工場では、一般的に、印刷作業のニーズを満たすために、複数の従業員、高強度、および長時間のペーパーカッターの操作が採用されています。これにより、多くの人件費が発生し、オペレータに人件費がかかる可能性があります。

この問題を認識した Guowang の設計チームは、2013 年に技術部隊の編成を開始し、処理時間の 80% を克服する方法を目標に設定しました。ペーパー カッターの速度はほぼ一定であるため、市販されている最先端のペーパー カッターでも 1 分間に 45 回です。しかし、処理時間の 80% をどのように省略できるかは、やるべきことがたくさんあります。同社は、この将来のカットラインを 3 つの部分に設定しています。

1回目:紙の山からきれいに紙を取り出す方法

2回目:取り除いた紙をペーパーカッターに送る

3回目:切った紙をきれいにパレットに載せます。

fdsgdsafsd

この生産ラインの利点は、ペーパー カッターの移動時間の 80% がほぼなくなり、代わりにオペレーターが裁断に専念できることです。紙の裁断工程は簡単で効率的で、速度は驚異の 4 ~ 6 倍になり、生産能力は 1 時間あたり 60,000 枚に達しました。時速12,000枚のオフセット印刷機によれば、1人1ラインでオフセット印刷機4台分を賄うことができます。

前の二人の時速10,000枚の生産能力と比較して、この生産ラインは生産と自動化の飛躍を完了しました!

fdsfg

切断線プロセスの詳細:

自動リアフィード切断ライン全体は、自動インテリジェントペーパーピッカー、高速プログラム可能なペーパーカッター、自動ペーパーアンローディングマシンの3つの部分に分かれています。すべての操作は、ペーパーカッターのタッチスクリーンで 1 人で完了できます。

まず、ペーパーカッターを中心に、ワークショップのレイアウトに合わせて、ペーパーローダーとペーパーアンローダーを左右同時に、あるいは別々に配置することができます。オペレーターは、油圧トロリーを使用して用紙切断スタックを用紙ローダーの側面に押してから、用紙切断機に戻り、用紙ロード ボタンを押すだけで、用紙ピッカーが動作を開始します。まず、空圧ヘッドを使用して、用紙の束の上部から用紙を押し、用紙の取り出しプロセス中に用紙の束が傾かないようにします。次に、片側に回転するゴムローラーを備えた台が、水平ベルトをわずかに傾斜した角度に保ち、減速して紙の山の隅に移動し、コンピューターで設定された紙の高さまで下降します。光電の目は高さを正確に制御できます。次に、紙の束に触れるまでゆっくりと前進します。回転するゴムローラーは、紙の束を損傷することなく上向きに分離し、プラットフォームのプラットフォーム全体を自然な巻き取り速度で約1/4の紙の束に挿入し、空気圧クランプが必要な紙の束をクランプします取り出した。用紙束全体を前に押し付けていた加圧ヘッドを放します。プラットフォームは、自然な速度で再び紙の山全体に転がります。次に、プラットフォームがゆっくりとペーパー カッターの後ろに移動し、ペーパー カッターの後ろの作業台の側面に完全に寄りかかります。このとき、ペーパー カッターがペーパー ピッカーに近づき、リア バッフルが自動的に下降し、ペーパー ピッカーがプラットフォーム上の用紙の束を押し出します。ペーパーカッターの後ろに入ると、バッフルが上がり、設定されたプログラムに従ってペーパーカッタープッシャーが紙を前面に押します。これは、オペレーターが引き継ぐのに便利です。すると、ペーパーカッターが動き始めます。エアクッション作業台の上で作業者が都合よく用紙を3回転させ、用紙の山を4辺すべてきれいにカットし、用意された排紙台に押し込みます。ペーパーアンローダが紙の山を自動で移動します。パレットに積み下ろします。一度の切断プロセスが完了します。ペーパー カッターが働いているとき、ペーパー ピッカーは同時に働きます。カットする用紙を取り出したら、用紙がカットされるのを待ってから、再度ペーパーカッターに押し込みます。往復作業。

説明が長すぎると思われる場合は、次のビデオをご覧ください。

>GW-Pペーパーカッター

>GW-S ペーパーカッター

>断裁ライン周辺機器


投稿時間: Sep-02-2021